森林浴のお宿にて、森のテラスでカクテル作り

2022.6.16

Hiromi Matsui

Hiromi Matsui

桜の咲き始めた頃、クリエイティブワークショップ美杉Inaka Tourismに参加しました。

一日目は、美杉リゾートにて、撮影、ライティング、動画のセミナーを受け、刺激的で充実した学びの時間を過ごしました。

夕刻、ワークショップ会場を後にし、宿泊予定の、民宿「かげやんのいえ」に到着。

目の前に森林が広がる古民家風のお宿でオーナーの中村さんが優しい笑顔で迎えてくださいます。

日本家屋をリノベーションした綺麗なお部屋で寛いていると、

中村さんから「カクテルづくり体験始めたんですよ。テラス席で後ほどいかがですか?」と勧められ、外でカクテルを飲ませてもらうことに。(カクテルづくり体験は有料オプションとなります。)

テラス席に並べられたカクテルセット。テラスの向こうは森の気配。星空の下、森のテラスでカクテルをいただく贅沢に感動していたら、

さらに、中村さんから「良かったら自分で作ってみませんか?」とのご提案。

「ええ? それは楽しそうですね、是非お願いします!」と急遽、森のテラスがカクテルワークショップ会場に変身です。

中村さんの用意してくれたレモンとオレンジは、安心な地元産の無農薬。シェーカーもマドラーも初めて触るものばかり。

カクテルを正式に習われたという中村さんが手取り足取り指導してくださいます。

レモン絞り、本格的なカクテル辞典のレシピで分量を量り、シェーカーふりふり、あ~楽しい~。

初めて作ったカクテル、初めて木々に囲まれテラスで飲むカクテル。

それはそれは美味な体験でした。ごちそうさまでした。

ほろ酔い気分で部屋に戻り、窓を開けると目に飛び込んできたのは、樹齢140年の欅(けやき)の枝。ニョキニョキと伸びてまるで部屋全体が木に包まれているような感覚です。

先ほど、中村さんが、「この下は渓谷で、はしごや滝があるんですよ」と言われていたのを思い出し、明日の朝を楽しみに、木々に包まれて眠りにつきます。

翌朝、裏庭に出てみると、渓谷へ降りていく小道を発見。

急な坂道、竹藪、アドベンチャー気分満載の梯子。

梯子を降りて、小川を渡ると、マイナスイオンの滝が見えました。苔むした岩の間には、焚火のコーナーも。

大昔の火山噴火の溶岩からできた巨岩からそそり立つ巨木。根っこはどうなってるんでしょう?

巨岩に生える巨木、人のウエストほどに太い竹、悠久の大自然に守られるように立つ「かげやんのいえ」。

中村さん「かげやんって、主人のお父さんでね、この場所が大好きで、ここに家を建てたんですよ」

このロケーションに家を建てた、「かげやん」さん、素敵な体験をありがとう!

朝食前の腹ごなしに、森林浴とアドベンチャー、沢遊びもできてしまうなんて、子供なんか大喜びでしょう。いや、大人のわたしも、心躍る楽しさです。

部屋に戻ると、テラスでの朝食が待っていました。

ホットサンドが定番らしいのですが、小麦を制限中であることを伝えると、「では、ご飯にしましょう」と替えてくださり、

その上、なんと、羽釜に炭焼きの鮭!

中村さんの旦那さん、「かげやん」の息子さんがうちわで煽ぎ作ってくださいます。

木々を見ながら、羽釜で炊かれたご飯、中村さん手作りの梅干し、地元の食材をいただく贅沢な朝食でした。

樹々に包まれるように建ち、ワイルドなイメージの「かげやんのいえ」ですが、リノベーションされた部屋の中は新しく、すみずみまで掃除が行き届き清潔で、網戸もしっかりしているので、虫が苦手な人も安心して楽しめそうです。

キッチンは、冷蔵庫、コンロ、鍋窯、調理器具、お皿、調味料まで、一通り完備され、食材を持ち込んでキッチンで料理するもよし、テラスでバーベキューするもよし。食材の用意をお宿に頼むと、たこ焼きセットなんかもあるそうです。樹々を眺めながら入浴できるお風呂は広く快適で、洗濯機もあります。

Wifi完備で、ホワイトボードの用意もあるので、会議やテレワークも可能。3部屋あり6人まで宿泊できます。

バーベキュー、カクテル作り、森林浴、渓流アドベンチャー、心のこもったおもてなし、と思う存分楽しめて、くつろげる「かげやんのいえ」。またいつか訪れたいお宿です。

 

かげやんのいえ

https://misugi.org/list/kageyan-no-ie/

ご予約(Airbnb)

https://abnb.me/2l6S6C8jErb

インスタグラム Instagram

#inaka_tourism

上に戻る